メール
アルミサッシ修理はわたし達にお任せ下さい!

アルミサッシ修理、サッシ交換、サッシ修理

アルミサッシは多くの建物の窓やドアに使われているアルミニウム製の建具の事です。
窓が動かない、ドアが閉まらないなど窓やドアに関する修理に関しては専門会社である中村建硝にお任せください。
マンション、木造住宅はもちろん、オフィスビルや店舗、工場までどんな建物のアルミサッシでも修理いたします。
サッシの修理だけでなく、サッシごと交換する工事も多く取り扱っておりますのでお問い合わせください。

アルミサッシメーカーは全ての会社を扱っております。
・LIXIL(トステム、トーヨーサッシ)
・YKK
・三協アルミ
・新日軽
・不二サッシ
・立山アルミ
をはじめ、廃業している日軽サッシ、明治アルミのようなメーカーのサッシの修理もご対応いたします。
サッシ修理に関することなら、ドアクローザー、フロアヒンジ、雨戸、玄関、ガラス修理まで何でもご相談ください。
専門会社ならではの知識と技術でお答えいたします。
お問合せ
東京営業所へのお問合せ
取手本店へのお問合せ

[アルミサッシ修理工事 価格表(税別)]

・ドアが閉まらない
・戸が動かない
・金物が壊れた
・防犯対策をしたい
・網戸、雨戸を取り付けたい

そんな時はアルミサッシの修理が必要です

閉まらないドアの修理
18,000円~
戸車交換(2個1組)
8,000円〜
クレセント交換
8,000円~
*アルミサッシ工事、修理には出張費、諸経費が別途かかります(お見積り時にお伝えします)
LIXIL正規販売店/YKK正規販売店/防衛くん正規代理店

アルミサッシ直し方 まずは自分で直せるかチェック!!

 
ドアが閉まらない 丁番(ドアと枠をつないでいる部品)のビスを全て締め直してみてください。
それだけで閉まるようになることがあります。
窓を閉めると隙間が空く 窓を正面から見て左右の横の一番下のビスが戸車の高さ調整用のビスです。
右に回すと回している側が上がり、左に回すと下がります。
この時に1回転くらいづつ回して様子を見ながら徐々に調整するのがコツです。
ビスが固くなったら壊れてしまうのでそれ以上は回さないでください。
窓の鍵(クレセント)が
掛かりにくい
クレセントの上下に取付用のビスがあります。
ゆるめると上下に動かせるので適正な位置に調整できます。
最近は樹脂のカバーでビスが見えないものが多いですが大半のものは
上下に引っ張ると外せるようになっています。

アルミサッシ修理の際に教えて頂きたい情報

 
通常 ①全体の写真
②壊れていると思われる箇所の写真
③メーカー名とできれば製品名
④症状を教えてください。

住宅サッシは15年以内くらいのものなら金物が手に入ることが多いです。
多くの場合はメールで無料見積りができます。
ビル用のサッシの場合は金物の調査が非常に時間が掛かります。
調査が必要な場合も多く、サッシメーカーでも答えが出ないものも多くあります。
そのため調査費が発生しますのでご承知置き下さい。

安心の地元企業

スタッフ紹介
お問合せ
東京営業所へのお問合せ
取手本店へのお問合せ
お問合せからご注文まで
対応エリア
工事保険
加盟団体
テレビ朝日様の撮影にご協力致しました
日本テレビ様の撮影にご協力致しました
リクシルPATTOリフォーム
窓リフォームのMADOショップへ
中村貴
建具のプロにふさわしい知識と技術で、窓ガラスやドアを通して、皆様に快適で安全な暮らしをご提供させていただきます。東京から茨城まで皆様の元へ修理にお伺いいたします。
代表取締役 中村 貴
取手市のガラス修理は
弊社へお任せ下さい!

なかむらけんしょう
株式会社中村建硝
TEL:0120-745-534
東京営業所
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-25-10 1-D
取手本店・工場
〒302-0005
茨城県取手市東3-1-25